インドカレー2019春

NO IMAGE

こんにちは、4月ですね。

皆さんは4月ですか?

人はインドへの気持ちが芽生え、思いが募って爆発すると、カレーを作るという行為に至ります

早くチェティナード料理界の巨匠になりたい

それでは材料です。

  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • 生姜
  • トマト缶
  • ココナッツミルク
  • 鶏肉
  • レモン汁
  • 本質たち

分量は適当に。

以下はその過程です。

まずはインド人から手に入れた本質スパイス(ホール)を油で炒めます。

身近にインド人がいなかったらネパール人でも良いと思います。

どうしても用意できなければカルダモンとグローブとクミンシード、シナモン、ブラックペッパー、チリ辺りを適当にやりましょう。

インド臭がしてきたらみじん切り玉ねぎ、にんにく、生姜を入れて炒めます。

茶色くなるまで炒めていきます。

よく炒めた方が美味い説がありますが面倒なので画像くらいの茶色さで妥協

この時点でキッチンはインド臭が充満しているはずです。

トマト缶を入れます。

軽く混ぜつつ炒め

はい

煮詰まっていきます。

トマトを潰すように炒めると良いかもしれません。

水分が飛んできたら

インド人から手に入れた本質のパウダーを入れます。

ネパール人パウダーでも可

どうしても用意できなければ市販のインデアンカレーが良いと思います。

塩も適量入れ

混ぜつつ炒めます。

これくらいのペースト状になったら鶏肉を入れます

アホほど入れると良いと思います。

鶏肉の出汁も出るし肉は多い方が美味い。

そしたらさっきのペーストと混ざるように軽く炒めます。

大体混ざったらココナッツミルクと水を投入

混ぜつつ煮込み10分ほど

良くなります。

インド人から手に入れた怪しい葉っぱも入れます。

仕上げに塩、レモン汁で味を調整して完成。

インドカレーです。

口の中がインドになります。

葉っぱがモソモソして美味しい。

ココナッツミルクが優しく香り、スパイスの爽やかな辛さが後から来ます。

めちゃくちゃ美味くて一瞬で2杯食べた。

意外と簡単に出来るので是非お試しください。

あとキッチンのインド臭が取れません助けて。

blogカテゴリの最新記事